スポーツによる障害や外傷もひかり整骨院におまかせください!

アスリートにも評判のひかり整骨院

和光市、板橋区、朝霞市で信頼の整骨院 20万人以上の施術実績のNGSグループ
phone50.png体の痛み悩みのご相談は通話料無料 girlphones.png一人で悩まず今すぐこちらをクリック↓

468/60.gif468/60.gif
お問い合わせフォームからもOK

cover1.jpg

【スポーツ障害とスポーツ外傷とは】
girl47.png

日常生活をしているときであったり、またスポーツでのジョギングやマラソンまた球技などで起きる怪我には急性のものと慢性のものがあります。

日常的な痛みやスポーツでの怪我をふくめ恒常的な痛みは障害ということになります。

障害はスポーツをすることや、日常生活のなかで身体の特定の部分だけを使しすぎることによるオーバーユーズが原因のものです。

これは炎症や組織の変性や破綻がおきることで、腱や靭帯とその周辺部である関節軟骨組織、関節を構成や骨の組織への過度な、しかも反復したストレスによるものが原因です。

スポーツ外傷は運動中の急性のものであり骨折はもちろんのこと、足をひねったときにおきやすい捻挫、そしてものが身体にぶつかったりころんだした際の打撲などです。さらに肉離れやアキレス腱などの腱の断裂や靭帯の損傷などがあげられます。

では、スポーツ外傷ですがスポーツの種類はいろいろです。その外傷がおこりやすいスポーツとしては、頸椎損傷や頚部捻挫でこれは球技であるアメリカンフットボールやラグビーで。

鎖骨骨折や肩関節脱臼はアメリカンフットボールでおきやすく、また膝関節靭帯損傷はバレーボールやバスケットボール、ラグビーにおいて。

そして足関節捻挫はサッカーで、肉離れは陸上競技や野球、突き指はバレーボール、バスケットボールなどでおきやすい外傷です。

日頃、スポーツに親しんでいない人であってもおきる例としてはアキレス腱の断裂で、普段あまりスポーツに親しんでいない人が草野球や運動会などでがんばりすぎた結果に発症するケースです。

スポーツ障害ですが、これも使いすぎることがおもな原因です。成長したスポーツ選手や熟練したアスリートのみならず成長途中の若年層である少年少女にもおきます。

このスポーツ障害は障害であるのもかかわらずスポーツ外傷とされてしまいがちである疲労骨折があります。

この疲労骨折は急性の骨折とは違い、身体の特定の部分に反復した負荷がかかることで発症します。つまり骨組織の結合している部分の中断から骨折にいたるというものです。

発生部分としてはジャンプをくり返すバレーボールやバスケットボールにおき、また短距離走やサッカーなど競技中に疾走をくりかえすスポーツをする人の下肢の荷重骨や腓骨、大腿骨や骨盤などですがとくに頸骨にその発生が多いようです。

これらの症状は主に疼痛ですが、診断が難しいこともあり疲労骨折の初期段階ではエックス線による視認では特筆した骨の異常がみられない事が多いのです。ですので定期的なエックス線による検査が必要です。

この疲労骨折の治療の方法としては保存療法で、ある程度の休養で回復することもあります。骨折線が視認できるときはギプスなどによる固定をします。しかしながら難治性の場合は外科的な手術が必要な場合もあります。

girl45s.png
その悩み、まだ我慢しますか?
今すぐこちらをクリック!
電話でのご相談は通話料無料です↓↓↓
468/60.gif468/60.gif

交通事故に遭ってしまったら症状を感じなくても必ず医療機関で受診しましょう。

Sound.png示談をする前なら自賠責保険で治療費は0円!保険請求事務手続きも無料。

top2無料.jpg

お問い合わせは→むち打ち専門施術【NGS】
お問い合わせフォームからもお気軽に

トップページへ